幼い時期から体を清潔に保つを習慣を身に付けることが大切

スキンケアは見えている肌の部分だけでなく、
隠れている肌の部分にとっても、大切なものです。
特に、赤ちゃんといえども「頭皮」は汚れやすく
しっかりアしてあげなければならないものになります。
そして頭皮の洗浄を考えた際には、「シャンプー」という要素は欠かすことができません。
髪の毛の洗浄は、沐浴やお風呂を始める際に始めることも多く
大抵は体を洗う専用のボディソープを使い、
そのまま髪も一緒に洗ってしまうことが多いと思います。
専用ボディソープを使って、洗うことに問題はありませんが
大人がボディソープで洗ってしまった時と同じように、”ぎしぎし”してしまうことも多く
できれば専用のシャンプーで洗ってあげて、綺麗な髪を保ってあげたいものです。
幼い頃から身に着けたい、大切な習慣です。
シャンプーの習慣を始める際に意識すべきこと
早い段階でも、シャンプーを始めること自体は問題ありませんが
やはり、多少は肌が過剰反応してしまうこともあります。
最初の段階では、まずは赤ちゃんに合った肌荒れ等の反応が出ない
「ベビーソープ」で頭皮を慣らしてあげ、「石鹸」の刺激に肌を慣らしてあげてから
徐々に「ベビーシャンプー」を始めていきましょう。
洗い方に関しては、
刺激を与えすぎない
肌を傷つけないようにする
目に入らないように
といった常識的なことだけを気を付ければ、それほど心配することはないはずです。
基本的には「使っているコが多いアイテム」を使う
使ってあげるシャンプーを選ぶ際は、成分にこだわりがあったり
特殊なものではなく、なるべく多くの赤ちゃんに使われているものが安心です。
やはり、刺激が少ないものというのは前提ですが
赤ちゃん専用アイテムは、刺激となる余計な添加物等が含まれていないことは
現在では常識でもあるため、選ぶ際にはそれほど神経質になる必要もありません。
ただし、アトピーや敏感肌の傾向がある赤ちゃんは
含まれている「成分」に関して、少し気を使う必要があります。
入浴後の肌のケア等も含めて、合わせて使える
肌に優しい習慣を、できるだけ早く見つけてあげましょう。
もちろんデリケートゾーンは慎重に
デリケートゾーンは、肌のパーツの中でも
最も汚れやすく、最も蒸れやすく、最もかぶれやすい部分です。
お父さん・お母さんも経験からそのことは承知のはずであり
そのケアも、試行錯誤してきていることと思います。
赤ちゃんにとっても、それは例外ではなく
むしろ大人よりもケアが難しく、より大事なことになります。
清潔な時間をできるだけ長く保つ
特にまだオムツの時期の赤ちゃんに関して、
「おしっこやウンチの際に、<毎回しっかり>ケアすべき?」
という疑問を持っているお母さんは多いようです。
毎回毎回しかりケアをしていたらキリがない、逆に傷つけてしまうのでは?
ということからだと思いますが、毎回しっかりケアしましょう。
「清潔に保つ」ということは、何よりも大切なことであり
拭いてあげることによるものよりも、不潔であることによる炎症を防ぎましょう。
細かい部分の見逃さないように、ウンチにしても、おしっこの場合も
毎回大変だとは思いますが、毎回しっかりケアしましょう。
特に睾丸の裏などの細かい部分、また性器周辺だけでなく
濡れてしまっていそうな部分はしっかりケアしましょう。
思わぬ部分がかぶれてしまうこともあります。
特に女の子の赤ちゃんのデリケートゾーンケアは少し不安なお母さんも多いはずです。
同姓ではありますが、自分でやる場合とは勝手が違います。
ウンチの場合等は、「割れ目」の周辺部にも
付着していないかをしっかりチェックしましょう。
オムツの場合は、便がつぶれて思わぬ部分に付着している場合があります。
またその際に、奥の方までほじくるのは控えましょう。
一番良い方法は、お婆ちゃん(お母さん)に聞いてみることです。
どうやって自分を育ててくれたのかを、学ぶいい機会にもなります。
本当は”軽く”でも十分
お風呂に入れる際にも、どの程度綺麗にすればいいかは
様々な意見があるため、基本的には「傷つけなければ」
清潔に保つ方法は何でも大丈夫です。
ただし、女の子の大切な部分に関してはほじったりすることはせず
”表面に出ている部分”を、軽く洗う程度にしておきましょう。
基本的に膣に関しては、「自浄作用」があるため
内部は、適正な状態で保てるようにできています。
石鹸やソープに関しては、たまに使ってあげれば雑菌や清潔面でも問題ありません。

トップへ戻る